BLOG

書評:社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話

カテゴリー:
システム・ネット関連, 政治・経済, 漫画・書評

今日仕事に行く途中車で送ってもらってたら席に置いてあったので手にとってみた。「社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず〜」って俺みたいな社長がいた会社ってあるんだな。。。って思ってパラパラめくってみたら、俺の話やんけ〜笑。

著者の小林さんはライブドアのモバイル事業部に在籍していた社員。STORYS.jpというサイトに連載して殿堂入りした人気記事の書籍化だ。なんというかライブドア叩きとか堀江悪者記事とかじゃないライブドア関連本を私以外が出せる時代になったんだなあ。。。と感慨深い。

私と同世代を行きた著者がどのような人生を経てライブドア(の前身のエッジ株式会社)に入社して奮闘し事件を経てもなお、あの会社にインストールしたシステムが時に保守化しながらも生き残っているのではないかと思わせる内容だった。私自身当たり前のことをしても仕方ないと思っていたので色々と実験させてもらった、というよりは将来こうなるだろうなということを先回りして実装することが必要なんじゃないかと思っていた。それは今で言うBYODにしたって株式100分割にしたって当初は社員にすら良く理解されていなかった(んだろうなあ、とは当時から思ってはいたけど社長という立場を利用して強引に実施させてもらいました)。

何だかよくわからないけど、なんか面白そうな事をやってる会社だと思って入った社員ですらそうだったんだから、社会全体としてみれば全くなにをやっているのかよくわからなかったんだろう。あれから10年近くが経過したけどまだまだ完全に理解されているとは言い難い。まあそれが先行者の使命なのだから仕方ないのだが。

でも何となく社員にはそれなりに私のやろうとしていたことが、想いのレベルでは伝わっていたのかなーってこの本を読んで思った。
一番ウケたのは後書きにある出版にあたっての記述。

もちろん、「堀江さんに事前許可を取ったほうがよいのか?」とも考えた。だが、きっとそうしたところで一言、「全然興味ない。どうして俺に聞く必要があるの?勝手にやりたいようにすれば」と言われるだろう(苦笑)。なので無粋なことはやめることにした。

よーわかっとるやんけ(笑)

ちなみにプリングルスさんからXTRAレッドペッパーBBQ味頂きました!美味かった!

IMG_3107

この記事の影響かな?(笑)

最近ツイートすると新商品とかが送られてくる事が多い。