BLOG

国民年金基金

カテゴリー:
アメブロアーカイブ, 政治・経済

一つ前の記事は、ケータイで見てる人、見にくかったみたいですね。すんません。なんか好きなネタだと、だらだら長くなっちゃいます。悪い癖です。

本当は、占いのこと書こうかと思ったんですが、次にしときます。ちなみに占いは特に信じないし、金払ってみてもらったこともないです。細木先生のはTV番組の企画です。まあ、話は面白い人ですが。

で、今回のテーマは、国民年金基金です。恥ずかしながら(?)私は選挙に出るまで、この制度を知りませんでした。あ、大学時代は多分年金未納期間です。会社作ってからは厚生年金納めていて、今は国民年金ですから、一応このままやってれば、年金受給資格はあるみたいです。(なんか、ねんきん特別便なんていう郵便物が来てました)

で、国民年金基金ってのは、年金の二階建て部分と呼ばれる年金で、任意加入です。サラリーマンは、厚生年金、公務員は共済年金に入っていますが、自営業者や主婦などそれに入れない人たちは、国民年金しか選択肢はないんですが、それだと年金の受給額が少ないので(掛け金も少ないですが)、その人たち向けの制度みたいです。

が、今から心配されている社会保険庁管轄の国民年金に加え、さらに同じところが運営する国民年金基金にまでわざわざ入ってしまうってのは、私は普通に怖いんですが、どうして皆加入されてるんでしょうかね?

国民年金は義務だから仕方ないですがね。どうしたって逆ザヤになるのは目に見えてるし、私たちが受け取るころには制度的に破綻するとしか思えないんですよね。まあ税金で補填するんでしょうが。その財源もあるかどうかわからんし(ない可能性のほうが高い)。

所得控除があるからなんでしょうかね?国がやってるっていっても、あの社会保険庁ですからね。だったら、まだ個人型確定拠出年金のほうがまだ、ましだと思うんですが(選択の余地が少ないけど、所得控除は同様だし)。

住宅ローンの話も近いですが、何十年も先の長期の運用を他人に任せるってこわくね?まあ、余計なお世話かもしれませんけど、今回のサブプライムの件で、年金基金とかも結構運用資産痛んでそうだし。

そもそも、年金って制度は、コンピューターシステムの点から見ても、難しい問題を抱えているんです。今まさにその問題が露呈してどうにもならんようになっていますが、そもそも1億人以上の国民が、死んだ人も含めると、もっと多くの人たちの、転居や転職の履歴をすべて完璧に管理して、徴収し、給付を行うってのが、どれだけ難しいことだろうと。

 

まだ英語圏はいいです。アルファベットしか姓名に使われてないから。日本人は、漢字、ひらがな、カタカナが使われます。んで、同じような漢字にも、びっくりするくらいの異体字があります。入力時にミスするよねぇ。訂正時にも当然、ミスするよねぇ。そもそも異体字の存在をしらないような人が入力作業やってたりするからねぇ。

年金制度といえば、以前は運用のずさんさとか、職員の横領問題、とかが主に批判されていましたが(グリーンピアとか)、一番ヤバイのは、システムの問題だと思うんですよね。

多分、これからも同様の問題は起きるでしょう。たぶん、完璧にやろうとしたら、コストがめちゃくちゃ掛かるでしょう。でも一つのミスもゆるされないんです。だって払った年金が受け取れなったら、激怒するでしょう。普通。

銀行とかは、忘れた口座は強制的に時効になっちまいます。だから、定期的にごみ掃除ができます。年金は、そんな制度はありません(当然ですが)。

ま、そんなこともあり、私は年金は、今住民票登録してる65才以上くらいの人に一律いくら、払う制度にすべきと思います。そのほうがコストが安い。不公平とかいわれそうだけど、公平にしようとしたら、もっとお金が、かかるんだから、仕方ないし、意味が無い。払うだけだと、当然みんな貰いたいから、払いもれがなくなるよね。

で、私的年金を除いて全部解散、払い戻し。んー、巨額すぎてむりなんだろうなあ。

今までの年金の形がいい人は、確定拠出型年金を利用する(もっと所得控除でやれる運用先の選択肢を増やして)と。

#あ、立花隆氏の件、勝訴確定しました。控訴断念のようですね。まあ、当然といえば当然ですが・・・。

追記:米国や韓国には、社会保障番号(social security number)がありますから、年金の照合や管理は日本よりかなり簡単に行えるでしょう。日本は、国民総背番号制とか言われて制度が結局導入されずじまいでした。ただ、この制度を導入したところで、サラリーマンや公務員以外からの年金の集金はコストが掛かりますから、私は無条件支払い方式のほうがいいと思います。

結局その分は社会保障目的の消費税などの増税でまかなうことにはなりますけどね。