BLOG

10/14発行のメルマガ第195号は…

カテゴリー:
アメブロアーカイブ

10/14配信のメルマガ『堀江貴文のブログでは言えない話』掲載予定のコンテンツリストです。

★救済支援についてのお願い★
2011年3.11に発生した東北関東大震災の被災地復興、そして3.11でお世話になった諸外国の世界の人々への募金を募っています。
私も寄付をしました。ご協力よろしくお願いいたします。

◆『ファンドレイジング・サイト 東北地方太平洋沖地震の救済支援!』
http://justgiving.jp/c/1576
被災者の方々に向けた寄付募集をしています。
◆『ファンドレイジング・サイト タイ洪水支援! / 僕自身もタイで洪水支援!』
http://justgiving.jp/c/7486

【1.時事ネタオピニオン】
私が関心を持ったニュースをいくつかピックアップ、その時事ネタに対する私の思いを書いていくコーナーです。ブロガーさんたちが書いているネタも、時事モノであれば、私の意見を書いていきたいと思っています。
時事ネタには、『刑務所なう。』でお馴染みの漫画家、西アズナブルさんの風刺画がついています。

今週、一番気になったのは『ヤフーが今月からEC事業で手数料や出店料を無料化 楽天やアマゾンを追撃』のニュース。Yahoo!が出店料などを無料化しても楽天の加盟店が簡単に離反していくということはないと予想する理由や今後の楽天が強いられる「ある競争」などYahoo!とBASEやSTORES.jpなどとの関係などECサイトの将来的な展望も含めて解説。その他、『NEC、「BIGLOBE」を売却』や『米ツイッター、過去3年は赤字 上場で970億円調達へ』のニュースや『ユニクロ、モバイル決済サービス「Square」を導入-大手小売りで初』や実は楽天の今後のビジネスモデルに大きく影響を与える可能性のある『米Amazon、新決済サービス「Login and Pay with Amazon」を発表』などを解説しています。

【2.刑務所わず。】
閉鎖されている刑務所で、数少ない開放的な雰囲気を味わえる「ある作業」についての話。夏には開放的いいのだが、真冬の長野県須坂市は言わずもがな極寒であり、開放的な要素が仇となったり……。そして、その時の私といえば……。

【3.ビジネスモデル教えちゃいます塾】
高城剛氏のメルマガに書かれていたアイデアを深堀してみたビジネスモデル。札幌の観光活性化策として都心に近い丘珠空港を活性化させるっていう案の具体例や詳細を紹介してみたんだけど、これってかなりの需要は見込めるし、同じようなことは全国の空港でできるはずだと思う。

【4.近況報告】
今週も内容の濃い一週間。大前研一さんとニコ生対談番組では、大前さんのスタジオのビルに思わず感動! 機材とか設備がメチャクチャスゴい! グルメキュレーションサービス「TERIYAKI」のキュレーターさんの懇親会では、世界展開しても成功する気がしてきたり、慶応大学SFC湘南キャンパスでの夏野剛教授のネットワーク産業論のゲスト講師をやってみた感想や彼らへ伝えたメッセージを紹介。SFCでは想像もつかなかった風景も!? そして、初体験のゴールデンボンバーのライブでは、ライブの感想はもちろんのこと、利益率やヒット曲にからめて彼らをビジネスの目線で分析してみたり。氣志團の翔やんの店に突撃したら、森山直太朗さんと初対面した話などを語っています。いくら丼やトンカツ、毛蟹やベジタリアンの人と行った野菜のおいしいレストランなどグルメ情報も満載ですよ!

【5.妄想レストラン】
格安でふぐを提供してくれるお店。刻みネギとか、辛みタレとかそういうのでアレンジして美味しく食べることができる。すっぽんも格安で提供していて、これもたまらなく美味い。炭水化物抜きダイエットにも、うってつけのお店かも。

【6.私のおススメデジタルガジェットコーナー】
ゴルフ練習でスイングを自画撮りするアプリが流行っている昨今だが、一人で撮影するときに困るのがスマホを固定する必要があるということ。今回紹介するコイツは、超アナロググッズなんだけど意外に便利。持ち運びも楽チンだし、一応「ゴルフ用」として販売されてるんだけど、カーナビなんかに応用もできる感じだ!

【7.ホリエモンの言葉(仮)】
私の書籍などに掲載されている言葉のなかから、印象的と言われているものをピックアップ。その言葉について解説していくコーナーです。

今週は……
『不安を考えないために忙しくする』
『安定している状態を保つことが一番難しい』
『モテないことを受け入れるとモテ始めた』
の3つの言葉について解説しています。

【8.書評コーナー】
私が読んだ書籍や漫画、鑑賞した映画、購入したCDなどを紹介していくコーナーです。

【9.QAコーナー】
みなさんからお寄せいただいた質問にお答えするQAコーナー。
今週は前々月に送られてきたものを順次掲載していきます。

★質問の際は、必ず【QAルール】を守ってください。守られていないと判断した場合は、質問にお答えできません。予めご了承ください。

ちなみに今週は以下のような質問にお答えしていますよ!

《Q》堀江さん、こんにちは。またまた株の質問させてください。私は、もし大金があれば、10万株、30万株買って、1円でも上がれば全て売る、それで一度の取引で10万、30万稼ぐ。これを1日に何度も繰り返す、せこいようですが確実に利益を得る方法だと思っているのですが、友人にその話をしたら、日に何億もの金を使い、そんな一円で売りにでるなんてことをしたら、市場が混乱する、ダメだみたいに言われました。株の売買をするに当たってこんなやり方はダメだみたいなことってあるんですか?
私は、そんなルールないよって思ってます。現にそのようなやり方で利益をあげている人もいると思っています。どうなんでしょうか?
それに、1日に30万株買って、それを直ぐに売り抜けるって難しいのですか? 株の素人です、ご教授願います。

《Q》堀江さんのメルマガいつもすごく勉強になるし、楽しいです。今日は質問があります。
私の実家は小さな農家で米を作っております、これまで祖父の知人に安く譲っておりましたが、高齢で買える人がへってきたのでネットを使って直販を始めたいと思います。そこでbaseとかに出してみようと思うのですが、扱っている米が、魚沼産のコシヒカリみたいなブランド米ではない場合どのように売っていくのが良いでしょうか?

《Q》サラリーマンでYoutubeやブログ等の広告収入を手に入れたことがないので非常に基本的で申し訳ないのですが、例えばYoutube等はどのくらいのアクセスを集めればどのくらいの収益が見込めるといった基準はあるのでしょうか。
ジャンルにもよると思いますが、ヒカキンさんみたいな大衆受けするような動画をYoutubeに毎日投稿してどのくらいのアクセスをあつめればなんとか飯がくえるのかのボトムラインが知りたいです。ちょっと漠然として、御面倒でしたら何を参考にして学べば一番わかるかを教えて頂けますと大変助かります。

【10.ロケット開発までの道のり】
こちらの原稿は、「なつのロケット団」の一員でSF作家の笹本祐一さんによるものです。当然のことながら、私も登場してきますよ。

★過去に連載に登場した実験の様子を動画で公開しています★
SNS燃焼実験動画

『なつのロケット』
『宇宙へのパスポート』
なつのロケット団の活動記録

【11.プレゼントコーナー】
今週は待望のデジタルガジェット!以前、デジタルガジェットでも紹介させていただいたこちらをプレゼント。Eye-Fi Japan様よりご提供いただきました

Eye-Fi mobi 16GB
を1名さまにプレゼントさせていただきます。

超便利なのに使用している人が少ないEye-Fi mobi。
Eye-FiカードをSDスロットに入れたデジカメから、Wi-Fi経由で直接スマホやPCなどに写真を転送できる優れものです。一般的なスナップ写真を撮るのであればスマホでも十分ですが、ハイクオリティの写真を撮影するのであれば、やはりレンズやCMOSセンサーのレベルの高いコンパクトデジカメや一眼レフデジカメを使ったほうがイイのは当然。そんな時に役立つのがEye-Fi。コレさえアレば、スマホからハイクオリティ写真をアップロードできますよ!

ということで、ご希望の方は合言葉を書いてご応募してください!

【12.今週のメディアスケジュール】
連載や書籍の上梓、ネット生放送やテレビ出演、講演など、メディア関連の情報をまとめてお知らせします。ぜひご覧ください!

【13.読者さんからの感想】
読者さんからプレゼントコーナーに寄せられた感想のなかからいくつかを掲載し、スタッフのコメントをしています!

【14.編集後記】
当メールマガジンの編集人、担当編集Sによる、堀江関連の情報をお届けします。堀江に関するちょっとしたこぼれ話やメルマガのこと、今後の活動などを掲載していく予定です。

【15.特別コンテンツ】
先週に引続き、ミリオンセラープロジェクトの進行をしてくださっているcakesさんとのコラボ企画。11月5日(火)に、堀江が上梓させていただく著書『ゼロ–なにもない自分に小さなイチを足して
いく』の先行配信させていだきます。

今週は「第1章 見えない檻から飛び出そう vol.3 コンピュータとの出会い」からの掲載です。

毎号、読者のみなさまからのメッセージを反映させ、コンテンツを充実させているこのメルマガ。「ニコニコ動画」/「まぐまぐ」/「FC2」/「BLOGOS」/「ビジスパ」/「夜間飛行」で、毎週1回の発行しています。値段は月額840円(税込み)。バックナンバーの販売もあります。
今後も読者数が増え続ければ、さらにコンテンツも充実させられますので是非加入してみてください。
堀江貴文メールマガジンの登録はこちら!