BLOG

今回の一連の地検特捜部の不祥事

カテゴリー:
アメブロアーカイブ

私が感じる限りは、これは検察全体の体質の問題であると思う。
その体質を作っている理由はいくつかあるが、最大のポイントは身柄拘束(逮捕)にあると思われる。身柄拘束して、あるいは身柄拘束するぞという脅しが、嘘の供述(というか検事の作文に半強制的にサインさせられる)を生み出し、それが昂じて証拠捏造にまでエスカレートしてしまう。

本来は政府主導で第三者組織をつくり検察の体質を過去に遡って徹底的にチェックすべき(まさに年金問題のように)だが、そうならなければ検察はこのまま腐ってくだろう。

詳しくはメルマガに書くが、参考記事として過去記事の身柄はつらいぜもお読みください。

※リンク切れ

これもあわせて読もう。

毎号、読者のみなさまからのメッセージを反映させ、コンテンツを充実させている、このメルマガ。もろもろ、「まぐまぐ」と「FC2」、「ライブドア」で、毎週1回の発行しています。値段は月額840円(税込み)。バックナンバーの販売もあります。
今後も読者数が増えて続ければ、さらにコンテンツも充実させられますので是非加入してみてください。

堀江貴文メールマガジンの登録はこちら!

さてさて、小説「拝金」絶賛発売中です。

電子文庫パブリでも電子版(iPhone対応。iPadでもiPhoneモードで一応読めます)もダウンロード可能になっています。また、iTunesStoreでもアプリ版の販売を開始しました。今の絶賛発売中。AppStoreでセールスランキング総合2位、Booksジャンル1位になりました!

AppStoreへのリンク

※リンク切れ
またライブドアブログでも無料連載中です!ためし読みはぜひこちらで!