BLOG

ビットコインが叩かれてるけど、はっきりいってマスコミの人全然理解してないな。。。

カテゴリー:
システム・ネット関連, 政治・経済

images
砂上のビットコイン 官庁「規制の対象外」(asahi.com)

昨日突然、朝日新聞の電話取材を受けてビットコインの解説をしたんだけど、記者が「アルゴリズム」の言葉の意味がわかんなかったりして唖然としながら取材に答えたりしてた。。うーん、「アルゴリズム」の意味わかんなくて記事書いてんのか。。。

というわけで、まずは私とmetapsの佐藤さんの対談読んでみたら?って言っといた。

satotop22

メタップス佐藤航陽が考える“通貨の未来”とは?その1

そもそも国民国家が国家主権の一つとして通貨発行権を握ったのなんてここ2,3百年の歴史しかない。もともと通貨というのは人と人の信頼関係の上に成り立っているわけで、そこに国家の信用保証なんか実は無くたって皆が信用すればそれは成立するのだ。今回ビットコインの交換所が突然閉鎖に追い込まれたりしているのは、国民国家の通貨との交換が停止されただけの話であって、ビットコインそのものは存在しているし、それを信用する人がある一定数いるかぎりビットコインは成立する。

野口悠紀雄さんの解説記事が分かりやすいので是非読んでみて欲しい。

【第1回】 【新連載】ビットコインは社会革命である――どう評価するにせよ、まず正確に理解しよう 

電子マネーやオンラインポイントは企業などの発行体が存在して中央集権的だ。これらも勿論国民国家の通貨とは別に存在しうる。これから国民国家の通貨vsオンラインマネーの戦いが始まっていく。しかし、これらは所詮その発行体によって管理される従来型の通貨である。発行体が国民国家の中央銀行からグローバル企業に取って代わるだけのことだ。

しかしビットコインは違う。発行体が存在しないのにそのよく考えられたアルゴリズムによって通貨として成立するように作られている事が画期的なのである。

ビットコイン あたらしいネットビジネスの教科書
アイオフィス (2013-12-18)
売り上げランキング: 196