BLOG

紙媒体中心のライターだろうが、ウェブ中心のライターだろうが、ダラダラと長文書く奴は皆カス。

カテゴリー:
システム・ネット関連, マスコミ批評

なんか、

ウェブライターよ。なぜ君たちはこれほど文章がヘタなのか?(山田ゴメス)

ってアホ記事が出てて、結構話題になってたりして面白い。なんか書いてあることが想像できて読んでなかったんだけど、たまたまTwitterでこんな記事

紙のライターよ、「文章の巧さ」を誇る暇があるなら「マネタイズ」を頑張りなさい(イケハヤ書店)

が出てて、あコレはブログのネタになるなって思って読んでみたよ。
まあ、紙媒体のライターは完全に下請け体質でダメダメだよね。自分でマネタイズするって意欲ゼロの人多いね。イケダハヤト師?はスモールではあるけど、まあ全くの無名からあそこまでやれてるのはなかなかだと思う。

で、私は週刊朝日とかにも連載してるんでウェブもブログも書いてるハイブリッドライターなわけだけど、雑誌のインタビューとかにも結構答えたりしてて原稿チェックもほぼ毎日してる感じだ。まあ正直紙のライターもレベル低い人の方が多いよね。私の名前を含めた固有名詞の間違い(例えば貴文が貴史になってたりとか)は日常茶飯事で、IT系の専門知識とか事実関係とかは間違ってない事のほうが少ない。というか間違いがない原稿に出会ったことがない。

私の話の内容についていけてないのだ。山田ゴメス氏の指摘に下記の点が列挙されてるけど、
まあ、どーでもいい事だ。第一こんなこと紙のライターも出来てない人のほうが多いと思う。まあ、たぶんブログの煽りネタで本気でこんなこと思っていないんだと信じたいね。もし本当だったらアホ過ぎる。こんな事に注意するくらいならもっと実のある内容で書けよって感じなわけ。。

・句読点の打ち方のセンスの無さ
・無駄な漢字の使いすぎ
・副詞や接続詞や単語や語尾などの安直なダブり
・「きれい」だの「かわいい」だのの曖昧な形容詞の乱発
・意味のない改行や強調文字
・すぐに修正できるゆえの不注意な誤字

紙の原稿って紙幅を埋めなければいけないので、書きたいことを書き終わってしまったらどーでもいいネタで文字数稼ぎをしなければならなくなる事が多い。池上彰さんに言わせるととても書ききれないくらいのデカイネタを毎回拾って来いって事みたいだけど、まあそういうネタって週刊連載だとそんなにあるわけでもないしね。

むしろ、Twitterとかやっている人って短い文章でまとめる訓練してることが多いから、簡潔に書ける能力ある人おおいんじゃないかなーって思うんだよね。でも確かに放っておくとウェブライターもダラダラと長文書く人多いよね。ウェブメディアもページを分けてPV稼ぎたい欲求あるからそうしちゃうのかもしれないけど。スマホ時代は、1-2画面くらいで見られる文章量が丁度いいと思うんだ。400-800字程度。

そういうブログメディア作りたいなーって思ってる。。

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
田端信太郎
宣伝会議
売り上げランキング: 8,582