BLOG

ホント、日本の大学の学部行ってる学生は今すぐ辞めたほうがいいと思うよ。。。

カテゴリー:
頭の体操

「東大と慶應のブランド価値は天と地の差」 ホリエモンツイートがまたまた物議醸す

ホントのこと言ったら物議を醸すというか、佐々木俊尚さんに言わせれば「堀江さんは身も蓋もない」って話になるんだろうけど、まあぶっちゃけ100%ではないけど、ほとんどの学生はモラトリアム&就職予備校としてしか大学を利用してないんで、東大みたいに国立で学費も安くていい具合に日本のマジョリティを占めるマイルドヤンキー達にはその実力の何倍何十倍もの価値を認められている大学はともかく、無名大学とかはっきりいって行く意味ないよ。受験して合格して学生証だけもらって中退するのが一番だ。

って話をすると佐山展生さんみたいな真面目君が「これは酷いですね。注目されたいがための発言じゃないですか?彼が中退した東大の教養学部がよほどつまらないところのように聞こえますね」とかマジレスしてきたりするわけ(笑)

こんな発言しなくても注目されとるわ(苦笑)
単にTwitterの勘違い野郎の発言を否定しただけなんだけどね。ちなみの元記事の東大教養学部中退は間違い。東大文学部中退ね。それくらいウィキペディアにも載ってるから調べろっつーの。J-CAST。そんなんだから、山田ゴメスごときに「ウェブライターよ。なぜ君たちはこれほど文章がヘタなのか?」とか書かれちゃうんだよバカ。

正直大学なんて行く暇あったらTEDxでもみてたほうがマシ。

追記:さらに大学院のシステムも微妙。結局本格的な研究は大学院に行ってからなんだけど2,3年しか継続しないので研究室でのノウハウの継承が難しい、というか困難であるのが現状。だから本来は学部の途中から5年くらいは研究し続け、教授が中心となって設立した研究開発型企業にそのまま移って研究を続けるなりの流れが必要だろう。。

ホリエモンが聞く、中村修二教授の「ゼロ」と今。その1

でも説明されているとおり、アメリカの大学院生はバイトなどせずに研究費を貰ってテーマに従い勉強をしたり研究を手伝って残りを生活費に充てている。日本の場合研究の手伝いはタダ働きなのでバイトせざるを得なくなる。その分勉強の密度は減る。