ニュースキュレーション

数日前にSonyは、Playstation 4が 600万台売れた と発表した。肩を並べるMicrosoftの次世代ゲーム機Xbox Oneは、ほぼ400万台に達しているようだ。ゲーム専用機の両横綱はどちらも昨年の11月の終り頃に発売され、クリスマス年末商戦を競った。両社はどちらも、全世界および合衆国のような主要市場におけるゲーム機やゲームの売上で、トップを名乗るべく鎬(しのぎ)を削っている。 そして今のところは、PS4が首位、XB1は二位のようだ。 しかしどちらも、その売上台数は、前世代機に比べて見劣りがする。ゲーム専用機市場(コンソール(console)市場)は大幅に縮小しており、ゲーム制作企業やゲームのデベロッパが受けているダメージは大きい。とりわけ、つねに複数のプラットホームに張っている大手にとっては、市場全体の動向が業績を左右する。 ゲーム機メーカーは昔のように嬉々としてデータを発表しなくなったから、最近の次世代機の売上については明確な数字が得られにくい。でも、最近の彼らのこの寡黙が、実は何よりも雄弁だ。ここでは調査会社NPDの業界データをもとに、北米地区における売上の動向を探ってみよう。 まず、下の表は、 NPDの公式データ による主要ゲーム機の2007年1月の売上台数(北米地区)だ。それは、2006年のホリデイシーズンの直後である: Wii: 436,000 360: 294,000 PS3: 244,000 PS2: 299,000 NDS: 239,000 PSP: 211,000 GBA: 179,000 GC: 34,000 これらの数字の合計は、200万弱となる。 さて今度は、こちらはNPDの推計データになってしまうが、2014年1月の売上台数だ: PS4: 271,000 XB1: 141,000 3DS: ~97,000 PS3: ~53,500 Wii U: ~49,000 360: ~48,500 Vita: ~17,000 これらの数字の合計は70万弱となる。この、200万対~70万という数字は、市場の大きな縮小を物語っている。~70万は最大で70万という意味だが、今後多少上方修正されたとしても、落差の大きさは解消しないだろう。 極端に悲惨なのは Wiiだが 、でも全体的に市場は縮小している。 Xboxも、Oneは前世代機360の半分に満たない。しかも2007年では前世代機PS2が、今年の現世代機PS4よりもたくさん売れているのだ。 別の情報 によると、2014年1月の、ゲーム機とゲームを合わせた売上は前年同期比で1%ダウン、とされている。2012年年末には目立った新製品の発売はなく、逆に2013年年末は二大旗艦機の新型機が出たのだから、それで1%ダウンはあまりにも寂しい。つまり、市場回復のきざしはなかった、ということだ。 [pullquote]PS4とXB1は、主要ゲーム機としては初めて、最新ではない技術を使っている。[/pullquote] たしかにPS4はこの時期、本国市場では未発売だったが、しかし 日本での出だしもあまり芳しくない 。日本の市場調査会社Media Createによると、PS4の発売第二週の売上台数は65685で、PS Vitaの72479やWii Uの130653に比べて低い。 本国で派手に新発売されたPS4も、市場に弾みをつけることはできなかった。 人気上位のゲーム機は、世代をあらためるたびに、ゲームの開発費用が高騰していく。しかしゲーム機本体の売上台数が伸びないのなら(ゲームも売れないから)、その費用を回収するすべがない。 これまで、 好評のBioshock Infiniteを400万も売ったIrrational Gamesが ついに白旗を掲げた。これに限らず、著名ゲームスタジオの近年の敗退歴は、 死屍累々というありさまだ( NeoGAF ...

まあ、そうなるよね。