ニュースキュレーション

以前ギズで ご紹介した『Mad Science』の続編が邦訳されて登場しました。前作も過激な科学実験の数々を美しい写真とともに解説した良書でしたが、『Mad Science 2―もっと怪しい炎と劇薬と爆音の科学実験』には、 さらにクレイジーな実験35本 が収録されてます。 たとえば 摂氏マイナス200度ほどの液体窒素に 素手 を突っ込んだり(!)、 凍った七面鳥を油の鍋に入れて 火柱 を上げたり、 明らかにマッドなサイエンスです。が、ただ奇抜なだけではなく、ユーモアと科学への愛に満ちた文章で 実験の原理が解説されていて、読めば納得 です。写真も美しく印象的で、サイエンスの面白さを堪能できます。 著者のセオドア・グレイさんは科学技術計算用ソフトウェア「 Mathematica」の開発元、ウルフラム・リサーチの共同ファウンダーであり、著書である「 世界で一番美しい元素図鑑」の 書籍をいち早くインタラクティブな iPadアプリ に変身させて、スティーブ・ジョブズをもうならせた人物です。 『Mad Science 2』は現在 アマゾンで予約受付中、 3月25日発売 ですので、ぜひチェックしてみてください。 Mad Science 2 ―もっと怪しい炎と劇薬と爆音の科学実験 (Make: PROJECTS) Theodore Grey|オライリージャパン やっぱりテレビは独り占めしたい......! 皆さん、家ではどうやってテレビを見ていますか? 帰ったら速攻でテレビをつけちゃったり、休みの日は起きてからずっと付けっぱなしにしてたり。小さい頃は「チャンネ... 続きを読む"

これいいね!