ニュースキュレーション

2014.6.6 FRI 精子を模した極小ロボットが開発された。磁場に反応して動き、磁力線の移動で制御するものだ。薬物の送達や動脈内部の掃除などに利用可能かもしれないという。 WIRED NEWS (UK) オランダの トゥウェンテ大学 と、カイロにあるドイツ大学のチームは、長さ322ミクロンという極小ロボットを開発している。名前は「MagnetoSperm(磁力の精子)」だ。 ...

素晴らしい技術