ニュースキュレーション

STAP細胞と小保方さんをめぐる騒動は、日本の科学コミュニティを激しく揺さぶった。疑惑解明の過程で、小保方さんの実験ノートの「未熟さ」が注目されたりもしたが、未熟な研究者を世に送り出した「科学教育」に問題はなかったのか。そんな疑問も湧き上がっている。だが、科学教育といっても、いろいろある。小・中学校や高校の授業のなかで、教科書に載っていない「最先端の科学」の世界を子どもたちに感じてもらいたい...

別に大学にいかなくても良いんじゃないの?