ニュースキュレーション

通販サイトAmazonが、今年5月からアメリカの大手出版社「アシェット」の新刊予約や事前ディスカウントをストップするほか、同社の本を遅配させるなどの措置を取っている。これは、続いているアシェットとの争いの結果の制裁的措置だが、「殺し屋のような振る舞いだ」と断じたのが、著書『ジェニーのいた庭』などで有名なスリラー作家のダグラス・プレストン氏。現在、"Amazon問題"で作家たちの先頭に立ってい...

あほな動きだな。