ニュースキュレーション

世界中で人気の炭酸飲料といえばコーラですが、提供のしかたは各国でスタイルが異なるようです。 「タイでコーラを頼んだら、こんな風に出てきた」 という写真が、大きな話題を集めていました。 わ! コップじゃないんだ。 一応ストローが付いているので、問題なく飲めるのは飲めるのだとは思いますが......あまり美味しそうな感じはしませんね。 コスト面では合理的ではありますが、置くことができないとか、衛生面はどうなんだろうとか、慣れてないと違和感がありますね。 このコーラの販売スタイルに対する、海外掲示板の反応をご紹介します。 ●これはメキシコで育った自分にとって、主食だったよ。 ↑交換留学生としてメキシコにいた。そのときコーラやソーダはこんな風に出てきた。それが普通だと思ってた。 ↑かなり普通だね。 ●これを下に置いてはいけない。 ↑吊っておくことが出来るものを、なんで置くんだ? ↑飲み物を吊っておくという概念がなかった。 ↑実際は何かにもたれさせると下に置くこともできるよ。さらに用心深く置くなら、そのままでも置ける。ほとんどこぼれないよ。 ↑大半の飲み物は袋だよ。ビニール袋が一番多い。 ↑中国やベトナムでもいっしょだよ。ベトナムでカップヌードルが袋に入っていたり、中国では袋に入ったビールが買える。 ●フィリピンだけど袋に入ったドリンクで育ったよ。懐かしい。 ●インドではボトルに入ったコーラを買うと55ルピー(約120円)するのだが、ボトルを返却すると50ルピー戻ってくる。 ●自分もアメリカに来るまでは、それが普通だと思っていたよ。 なるほど、タイだけではないのですね。 アジア諸国を含め、途上国ではこうした袋に入った飲み物の提供スタイルが、ごく普通に行われているとのことです。 Bag of coke my buddy picked up in Thailand 関連記事 zeronpa │ | カテゴリ: びっくりネタ 海外の反応

これ普通ね