ニュースキュレーション

2014/09/03 スペイン・バルセロナで建設中の巨大教会「サグラダ・ファミリア」は、以前、完成までに300年くらいはかかると言われていた。ところが今では2026年の完成が見込まれており、1882年の着工から150年弱で完成することになる。この大幅な"工期半減"の裏には、3DプリンターやCNC(コンピューター数値制御)の石材加工機の活用があった。 ...

すごいなあ。