ニュースキュレーション

昆虫の卵の表面には、卵門と呼ばれる精子を通すための孔が開いています。ヤマトシロアリの卵の表面には平均9個の孔が開いていますが、大量の卵の卵門を調べたところ(60の巣から100個ずつ計6,000個の卵)、卵門の数にはばらつきがあり、一部の卵には卵門が全くないことが判明しました。卵の中で発育中の胚の遺伝子解析を行ったところ、卵門の無い卵は単為生殖、卵門がある卵は有性生殖で発生していることが明らか...

ほう。。