ニュースキュレーション

■シネマで学ぶ組織論第7回「ワークライフバランスを考える」 グロービス経営大学院で教鞭を執る林恭子さんが、映画を切り口に組織論の様々なテーマやフレームワークを紹介する「シネマで学ぶ組織論」。その第7回では、『天使のくれた時間』(主演:ニコラス・ケイジ、原題:The Family Man、2000年制作)を題材にして、「ワークライフバランス」について考えています。林恭子さんは、こんな風に書いて...

仕事が遊びで遊びが仕事ね