ニュースキュレーション

経営再建中のシャープが14日発表した平成27年3月期連結決算は、最終損益が2223億円の赤字(前期は115億円の黒字)に転落した。決算短信に「継続企業の前提に関する重要な疑義」があると記載。本社単体では、負債が資産を上回る債務超過に陥り、事業存続が危ぶまれる状態だ。

事実上の銀行傘下。再建は厳しいだろう