ニュースキュレーション

2015年8月、ウォール街にて大手メディア企業の株が下落して以来、テレビの終わりが近いとウワサされている。しかし、テレビ業界が大規模な変革を遂げようとしているなか、結局テレビは生き残ると思われる。よりデジタル化しているだけなのだ。そんな未来を予感させる、5つのグラフを見ていこう。

マスに訴求する手段がほかになかなかないからね