ニュースキュレーション

ウィスコンシン大学の特許ライセンス管理団体が、iPhoneに搭載されているAシリーズのチップ技術について、同大学で開発された特許技術に酷似しているとしてアップルに対し、訴訟を起こした問題で、アップルの敗訴が確定的となり、最大で8億6,200万ドル(約1,034億円)もの支払いに迫られることが明らかとなりました。 昨年1月より始まった裁判 昨年1月、ウィスコンシン大学の研究派生特許の管理を行っている

まあ特許ゴロだよね笑