ニュースキュレーション

日本コカ・コーラは訪日観光客や外国人労働者の増加を踏まえ、飲料の自動販売機の多言語対応を始めた。英語、簡体中国語、韓国語など合計15言語に対応し、製品名や購入方法を案内する。スマートフォンで2次元コードにアクセスすると、より詳細な情報を入手できる。すでに一部の自販機で試験提供しており、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに全国8万台に増やす。 自販機の商品陳列では、商品...

確かに他言語対応は遅れてるよね。現金しか使えないのも未だに多いし