ニュースキュレーション

(Bloomberg) --テクノロジー業界で財を成し、トランプ米大統領のアドバイザーを務めるピーター・ティール氏が2011年にニュージーランド(NZ)国籍を取得したことが分かり、同国で論争が起きている。同氏はNZを4回訪れただけで市民権を得た。

別にええやん。スポーツ選手とかそんなん多いでしょ