ニュースキュレーション

昨年、予防医療普及協会の立ち上げに携わり、『むだ死にしない技術』を上梓するなど、日本の医療業界に警鐘を鳴らすホリエモンこと堀江貴文氏。遠隔医療の先駆けとして、オンラインで閲覧可能な病気事典や通院システムを確立した株式会社メドレーの代表取締役医師・豊田剛一郎氏が未来を見据えた医療・健康のあり方について対談する。

昨日は「無駄死にしない技術」の続編の大腸ガン予防に関する対談をしてきました。大腸ガンはごく一部を除きポリープが数年かけてガン化していくのがほとんどです。つまり適宜ポリープを内視鏡で切除していけばガ…