ニュースキュレーション

東京スポーツの記者だった高橋三千綱が群像新人賞をとり、それを祝って再会したのをきっかけに、僕は彼とよく飲むようになった。やがて三千綱は、中上健次を紹介してくれた。「僕と同じように売れない純文学作...

毛深い女が好きな話はいつ出て来るのだろう?笑