ニュースキュレーション

【ニューデリー=岩田智雄】アフガニスタン東部ナンガルハル州で米軍が行った大規模爆風爆弾(MOAB)の投下について、同州に展開するアフガン軍の報道担当者は15日、産経新聞の電話取材に対し、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の死者が司令官4人を含む94人に上ったと明らかにした。

核兵器と変わらんやん。