ニュースキュレーション

龍馬、最長手紙の実物発見 坂本龍馬が記した中で「最長」といわれ、1913年に火災で焼失したとみられていた手紙のうち、6枚を北海道の男性が所有していることが高知県への取材で15日、分かった。 手紙は龍馬が長崎で記したとされ、慶応...

おそらくこのような貴重な書類は膨大な量が未処理のまま残されてて、こんな分野こそディープラーニングで画像解析、識字、現代語への翻訳からのキーワード検索で色々見つかって来るのかなーって思って期待してる