ニュースキュレーション

ストレスで胃腸の病気や突然死を招くメカニズムを、北海道大の村上正晃教授(免疫学)のチームが解明し、15日付のオンライン科学誌イーライフで発表しました。ストレスで起こる脳内の炎症が関わっていました。「病は気から」の仕組みが裏づけられたといい、ストレス性の病気の予防や診断への応用が期待されます。 チームは、睡眠不足など慢性的なストレスをマウスに与えました。そのマウスのうち、自分の神経細胞を攻撃してしま

なるほど!