ニュースキュレーション

スペースX社が2017年8月に「ファルコン9」ロケットで打ち上げた、「ドラゴン補給線」。こちらは約1ヶ月間国際宇宙ステーション(ISS)に係留された後、9月17日に約1.7トンの荷物を積載して太平洋へと着水しました。 NASAのRandy Bresnik飛行士と、ESAのPaolo Nespoli飛行士によってISSからカナダアームを利用し接続が解除されたドラゴン補給船。スラスタを噴射して周...

再利用の補給船はいいね。