ニュースキュレーション

エフエム和歌山が「ナナコ」と名付けたAIアナウンサーの運用を始めている。年間で掛かる費用は1000円程度だという。さまざまなAI機能が安価で簡単に買える時代、ビジネスの現場では何が起こるのか。

実は人気DJの声もある程度真似られるレベルまで来てるらしいので、大量失職に繋がる可能性がありますね。