ニュースキュレーション

「漫画のセレクトショップ」をコンセプトに、名作漫画の発掘を至上命題としているマンガトリガーは、この度『マンガ続編制作プロジェクト』を立ち上げました。 志半ばで連載終了してしまった漫画の中から、作家たちが最後まで描き切りたいという意欲のある作品をピックアップし、指定された期間中に目標を達成すれば「続編一巻分の制作権」を獲得できるというこの企画。対象作品は、漫画誌「月刊ヒーローズ」にて、2015年5月号から2016年12月号まで連載されていた声優業界のリアルを描いた『ボイスカッション』です。 今回、そんなガチンコ勝負な企画に勇敢にも挑戦していただく漫画家・棚橋なもしろ氏と原作者・小金丸大和氏の両名へ、マンガトリガー編集長がインタビューを敢行しました。『ボイスカッション』を描くに至った背景から、作品の魅力や後悔、そして続編に懸ける想い……。再び立ち上がろうとする作り手たちの心の叫びをぜひ聞いてください。

夢の企画やん