ニュースキュレーション

米財団主催の月面探査レースに参加するチーム「HAKUTO(ハクト)」の無人探査機が、近くインドから打ち上げられるなど、2018年は日本の宇宙ベンチャーにとって大きな飛躍の年になりそうだ。アクセルスペース(東京都中央区)は、地球観測用超小型衛星「GRUS(グルース)」を打ち上げるほか、世界初の人工流れ星開発を目指すALE(エール、同港区)も打ち上げの最終準備を進めている。多くのベンチャーが、宇...

政策投資銀行の担当者さん、ISTにぜひ!笑