ニュースキュレーション

リニア中央新幹線の建設工事を巡る談合事件を巡り、JR東海の柘植康英(つげこうえい)社長は、読売新聞などとのインタビューで、東京(品川)―名古屋間の開業を2027年、大阪への延伸開業を37年とする目標を堅持する考えを示した。

まあ東京大阪線の航空輸送が国交省の施策によりJAL/ANAの寡占になってることからの東海道新幹線の運賃高止まりによる資金での建設となってるわけだが、建設族議員の横槍なのか無理やり国費を投入して汚職…