ニュースキュレーション

「世界最先端の電子国家」と呼ばれるエストニア。Skypeが誕生したことでも知られており、ITスタートアップ関連の情報がさまざまなメディアに取り上げられることが多くなってきた。本連載では少し視点を変えて、スタートアップ文化を育むエストニアの周辺環境・要因について紹介していきたい。 世界最先端の電子国家として、日本でもさまざまなメディアが注目するようになってきたエストニア。特にSkypeが誕生した国として、スタートアップシーンへの関心が高い。 しかし、スタートアップ熱が高まっているのはエストニアだけではない。同じバルト三国であるラトビアやリトアニアもエストニアに続けと猛進している。 今回はそのラトビアとリトアニアのスタートアップを取り巻く状況をお伝えしたい。日本ではまだあまり報じられていないバルト三国スタートアップシーンの盛り上がりを感じてもらえるはずだ。 バルト三国、ラトビアとリトアニアの猛追 バルト三国はエストニア、ラトビア、リトアニアのバルト海に面した3カ国を総称する呼び名。近代まではそれぞれが異なる歴史を歩んできたとされるが、近代以降、特にソ連からの独立前後に強く連携するようになった。リトアニアが1990年に、エストニアとラトビアが1991年にソ連から独立を回復した。 現在、3カ国ともに高所得国とされており、3カ国平均の1人あたりGDP(購買力平価)は3万ドル。ちなみに日本は4万ドルほど。人口はリトアニアがもっとも多く約290万人、ラトビアが約200万人、エストニアが約130万人。国土は3カ国合わせ17万平方キロメートルと日本の半分ほど。3カ国とも欧州連合加盟国で、通貨はユーロだ。 バルト三国と日本の国土比較(Googleマップより) エストニアは独立後早い段階からデジタル化戦略を推し進め、IT人材開発やスタートアップエコシステムの構築に力を入れてきた。そうした取り組みの成果が近年になって一気に開花したといえるだろう。 ラトビアやリトアニアは後発となるものの、エストニアに触発され急速にスタートアップエコシステムを構築している。

ちょうど今朝までエストニアでした。なんでエストニアがIT産業で先を行けたのか、実は地理的条件が大きかったようです。バルト三国で一番西側のフィンランドに近く、船で二時間、飛行機で30分の距離で首都同…