ニュースキュレーション

――超高齢化社会における「死に方2.0」とはどんなものですか。選択肢のある死に方、率直に言えば、安楽死を認めてもいいんじゃないかということです。最近、脚本家の橋田壽賀子さん(92歳)が『安楽死で...

なんで死ぬこととか考えるんだろ。 / 【ムーギー】ピンコロでは逝けない超高齢化社会の「死に方2.0」