ニュースキュレーション

ZOZOの採寸スーツと定期配送サービスはユニクロを攻略するためのものといわれているが、もっと大きなポテンシャルを秘めている。それはショップ系ブランドの衰退と月額固定料金化へのシフト、そしてアパレル産業のテクノロジー化である。

とりあえず試してみる / ZOZOとアマゾンは「日本の古いアパレル」をこうやって駆逐する (現代ビジネス[講談社] | 最新記事)