ニュースキュレーション

「ほぼ日」のビジネスドメインを「エディトリアル・ビジネスである」と定義し、そのポイントを(1)「ほぼ日=糸井重里」からの脱却、(2)「ほぼ日手帳」という大発明、(3)「うつわモデル」の衝撃、の3つに分けて解説しました。

ちょっと冗長な書き方だけど、内容は面白い。HIUでも応用してみる。