ニュースキュレーション

子宮頸がん抑える化合物開発 子宮頸がんの発症を抑える抗ウイルス性の化合物を開発したと、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)らのチームが18日、発表した。 子宮頸がんは、原因となるウイルス感染を防ぐワクチンの接種による健康被害の訴え...

新しい薬やワクチンが出るとかならず副反応の訴えがものすごく増える。が、時が経つと落ち着く。子宮頚がんワクチンに関しては、副反応とされる健康被害は非接種軍と接種群との間に有意差ががないという調査結果が出てお… #NewsPicks