ニュースキュレーション

歴史的建造物でも世界遺産でもない飛騨の里山のごく普通の風景は、外国人観光客にとっては非日常である。小学生の通学風景に、カエルの鳴き声の拡がる田んぼ、古民家……こうした珍しい光景を目の当たりにして、外国人観光客は興味を引く対象になるのだろう。なぜ何もない飛騨の里山が外国人観光客に喜ばれるのだろうか。

住んでる人にはその価値がわからんのよねー