ニュースキュレーション

自動運転技術の進展とともに拡大を続ける関連市場。中でもLiDARの需要は青天井のごとく伸び続けており、マーケティング会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザの市場規模は2017年の約25億円から2030年には約4959億円まで約200倍に急拡大するという予測を出している。自動運転の「目」を担う重要なセンサーとして、近い将来市販車への本格的な導入も進むものと思われる。より身近な製品として定着...

ここ数年ですごい進化した分野だよね