ホリエモンおすすめ

RICHO 『THETA』

グーグルストリートビューを使って、写真をグリグリと動かすのは楽しい。あれと同じ写真を取ることができればモット楽しいはず……ということで、今回紹介するのはストリートビューのように360度全方向を撮影ができるコンパクトなカメラ『THETA』(シータ)を紹介したい。

これ、とにかくスゴイ。AppleTVのリモコンのような形状の本体に半球型のレンズが両面についており、それぞれレンズが180度の視野を撮影することでワンタッチで360度全方向の撮影ができてしまう。今までストリートビューのような写真を撮るには、画角をズラして後から合成することがホトンドだったのだが、これなら一発。写真の継ぎ目もよーく見ないとわからないレベルなのである。この半球レンズは魚眼タイプなのでズームすれば普通の写真に見えるのだが、引けば引くほど魚眼レンズっぽい感じの写真になるので、カメラレンズの真下から撮った風景も観られるし、カメラの真上から撮った風景も見られて面白い。また、撮影した写真にはカメラ本体が写り込まないような設計になっているので、とてもスッキリしているのもいい感じだ。

本体にはモニターはなくWi-FiでiPhoneと連動し、アプリを通せば撮影した画像をiPhone上でグリグリと動かすこともデキる。もちろんiPhoneがなくても、本体にメモリが内蔵されていて、あとからPC上で撮影した写真を触れる。とにかく面白いので購入をオススメ。ちなみに画像は独自のフォーマットを用いてウェブで自動変換して見せてくれる感じ。これ、アイディア次第ではいろいろな使われ方がされそうな予感。てか動画撮影とかができたらメチャクチャ楽しそうだし、インターバル撮影でも一人ストリートビューをしながら、それを配信して皆がOculus Riftとかで体験できたら超楽しそうなんですけど! 今後の進化にも期待したい。