ホリエモンおすすめ

Cybershot DSC-QX100

ホリエモンプロデュースグルメアプリ「テリヤキ」その中でホリエモン自身が料理撮影に愛用。テリヤキの他、メルマガにも料理写真をアップしています。

最近ソニーのデジカメが面白い。超高級コンパクトデジカメの『サイバーショットRX1』(は、とにかく素晴らしいという噂だ。が、この場所で高性能を求めただけのカメラを紹介してもイマイチ。そこで、私がセレクトしたのが、『サイバーショットQX100』である。ソニーが出した革新的製品だ。

見た目が一眼レフカメラのレンズだけのデジカメだ。横にはシャッターボタンとメディアの挿入口がありバッテリーを内蔵している。液晶やファインダーはない。その代わりにスマホのアプリとWi-Fi経由で連動させ、スマホを液晶に利用しようというのだ。設定は超簡単で、アプリをDLしてカメラとリンクするだけ。シャッターボタンはスマホのカメラアプリと同じ感じなんだけど、デフォルト設定でシャッター音がならないのにちょい違和感。流石に一眼レフ並みの画像の美しさではある。

ただ、Wi-Fi接続なので、いちいち専用アプリで接続ボタンを押さなきゃいけなかったり、すぐに接続できないと設定画面でWi-Fiにつなぐ必要が出てきたりするのがちょっと面倒な感じで、撮影した映像もWi-Fi経由でスマホに転送されるので若干のタイムラグを感じる。ただ、アイディアは秀逸。確かに今の段階で、既にコンパクトデジカメより

もスマホのCPU,GPUのほうが性能は良いはずだし、スマホと連動させた方が操作もサクサクと動くはずだろう。そう考えたら、「レンズのような高度な技術の蓄積を要し、スマホに比べロットも桁2つくらい違う程度しか出ないハードウェア」のコントロールデバイスとしてスマホを活用していくというのは、いいアイディアなのかもしれない。

課題は近接無線通信技術がもっと熟れていくことだ。ブルートゥースもWi-Fiも接続に難がある。バッテリーの消費を抑えるために常時ポーリングするわけにもいかないのだろう。アップルが採用したiBeaconのような低消費電力の近接無線通信技術が普及してくると、こういうデバイスも変わってくるのかもしれない。

今週は先週に引続きSONYが発売するレンズのみカメラ、『QX-100』のリポートをしてみたいと思う。というのも、最初に触ったときはイマイチな部分も感じたこのカメラは、使い込んでいくことで、その革命性に気づくからだ。まず、「カメラをスマホにマウントする必要は、全く無い」ってことだ。実はこのカメラの最も面白い部分がコレなのだ。雑誌などで当製品が紹介される際には、必ずと言っていいほどアタッチメントでスマホにマウントしている状態。しかし、このカメラはWi-Fiで繋がっているので、そんなことは気にする必要もない。もちろん、カメラと連動するスマホとの距離が離れると電波状態が悪くなり、ときどきスマホ上の動画がカクカクしたりフリーズしたりもするが、それはご愛嬌。慣れれば全く問題ない。

んで、具体的にどのような部分が便利なのかというと、撮影の仕方だ。まず自撮りがかなり楽になる。そして、さまざまな面白いアングルでの撮影ができる。通常のコンデジや一眼レフと違い、ファインダーを覗けないような場所にカメラをセットできるので、写真のバリエーションをかなり増やすことができる。逆に、多様なアングルとシャッター音がないということで、下手をしたら変な使い方とかする奴がいそうだなぁとか思ってしまう。むしろ、ここまで揃っていると「もしかして、これって確信犯なのかも!?」とすら思えてしまうほどなのである。SDカードやメモリースティックを使えば今流行りの一眼レフ動画を撮影することができるし……。

とまぁ、こんな感じで一眼レフカメラの機能的なものと、コンデジの機能性、スマホとの連動性を見事にまとめた商品なのである。スマホとの連動性の部分では、Wi-Fiのペアリングもアンドロイド機であればNFCでワンタッチのようでメチャクチャ簡単。最初に接続キーの入力が必要になるが、もちろんiPhoneでも使用できる。新しいカメラのカタチを追求したといっても過言ではない。そろそろ日本でも発売されるので、皆さんにもぜひ手にしてみてほしい。