ホリエモンおすすめ

TASCAM iM2 iPhone用ステレオコンデンサーマイク

旅先で面白いことがあったりしたときに、iPhoneを取り出して写真や動画を撮影している人は多いだろう。しかし、iPhoneに備え付けられているカメラやマイクではちょっと物足りないというか、かなりしょぼいと感じる場面も少なくない。音に関しては特に感じる人も多いだろう。というのも、ニコニコ動やYouTubeに動画をアップするために撮影し後から編集をする際、映像自体はPCでトリミングをしたり明るさを変えたりすることができるが、音源に関してはかなり手間がかかることになるからだ。

動画というと、映像の綺麗さばかりに注目しがちだが、状況によっては音の方が大事だ。考えてみるとわかるが、トーク番組の生放送を見ていてブツブツ音が途切れると、かなりのストレスになる。最低限のクオリティで仕上げる際には、音声の良さは欠かせないことになる(もちろん映像も大事ではあるが……)。加えて、iPhoneなどで動画をアップすると、映像の方はまだまだ回線品質の問題の方が大きいということもある。なので、ステレオマイクの方が大事ということになる。

ということで、私が利用いているのが、TASCAMの『iM2』というiPhone用のステレオコンデンサーマイク。TASCAMというメーカーは聞き慣れない人もいると思うが、実は音響専門メーカーの『TEAC』がやっている業務用音響ブランド。なので、性能としては文句なし。所詮iPhone用ではあるが、それなりのクオリティで音を拾うことができ、ネット上にアップするレベルであれば必要十分。接続時にマイクの角度を180度可変できるうえに、単一指向性ステレオコンデンサーマイクなので、マイクを向けた方の音をしっかりと拾ってくれる。

iPhoneの電力で稼働するので電池いらずの重量わずか30g。問題点は、iPhoneとの接続コネクタがライトニングではなく、iPhone4Sまで使用されていた30ピンコネクタなので変換アダプタをかませないとiPhone5には接続できないことくらい。これも新型が発売されれば解消されるだろう。値段も4000円程度とかなりお得。持っていても損はしないだろう。