ホリエモンおすすめ

さよならタマちゃん

★★★★☆
30代漫画家アシスタントが、突然、精巣腫瘍(ガン)に侵され、さらには肺にまで転移。辛い抗癌剤治療などを長期入院して行うという、テーマ的にもかなり辛い作品。作者目線で医師や看護師、そして患者達との交流が描かれる。

なんというか……、病気に侵されるって大変だよねぇ……。「健康で良かったよ」と心底思える作品である。題名にある『タマちゃん』って、つまりは精巣のことなのね。連載中からチラホラ読んでいたんだけど、全然気づかなかったよ……。