ホリエモンおすすめ

『ブラックジャック創作秘話』 イラスト:吉本浩二 / 原著:宮崎克 ※コミック


★★★★★
マンガの天才手塚治虫は、長年の夢だったアニメ独自製作に向けて多くの連載をこなし、その収入の多くを自身のアニメ制作プロダクション『虫プロダクション』につぎ込んだ。当初人気作『鉄腕アトム』などがヒットしたものの、労働集約型なアニメ制作の現場は疲弊し作品を立て続けにヒットさせられるわけもなく、倒産してしまう。自身の作風も時代から取り残されつつあった彼は少年誌にこだわり続け、勢いに乗りつつあった秋田書店の少年誌『少年チャンピオン』で、自身の医学博士としての知識を盛り込んで作り上げた『ブラックジャック』の限定読み切りを開始する。これまでと違うファン層を築き上げた
彼は、再びマンガの神様として表舞台で活躍することになる。そんな彼の周辺を支えた人物達を取材し尽くして作り上げられた、天才手塚治虫のドキュメンタリー。読めば読むほど医学の進歩が彼の病気に追いつけなかったことを残念に思う。