ホリエモンおすすめ

SONY HDR-AS30V

ちょっと前からアウトドア選手の視点を味わうことのできる『GoPro』のようなウェアラブルカメラが人気だ。私もロケットの打ち上げ実験の際には、ロケット内部にカメラをセッティング、上空に打ち上げられている様子を記録したりもしている。その際に使用していたのも前述したGoProだったのだが、ここ2年くらいでウェアラブルデバイスは非常に進化し、さまざまなメーカーが新しい機種を発売している。

そこでSONYが発売している『HDR-AS30V』を、ロケットのエンジンテストの撮影に利用してみたのだが、コレがなかなかよろしい。こいつは言ってみれば、SONY版のGoPro。だが、そこはデジカメを販売しているSONY。レンズにカールツァイスレンズを使用しているので映像は綺麗だし、撮影画角も170度と超広角。

もちろん、撮影時には対爆ケースに入れて使ってはいるが、専用のウォータープルーフケースなどがあることでもわかるように、エクストリーム系のアウトドアスポーツにも対応できるような頑丈な作りになっている。防塵もされていて、耐衝撃もそれなり。公称の数値ではあるが、動作温度は-10℃〜40℃と耐低温でもある。

サイズも24.5mm×約47mm×82mmと超小型で、本体重量はわずか約90g! 軽さを重視したためか、本体そのものにライブビュー液晶はないのだが、ライブビューリモコンなる専用のアクセサリーもあるし、そんなものを利用しなくてもWi-Fi機能でスマホやタブレットなどからリモートコントロールできる。もちろん、カメラで撮影中の映像はリアルタイムでスマホまで飛ばすこともできる。

全然PRしてないから誰にも知られていない感じではあるが、値段もGoProより安いし、アクセサリー系も豊富でGoProより安い。性能的な面から見ても、こっちのほうがGoProよりもいいじゃん……。