ホリエモンおすすめ

YOTAPHONE2

YOTAPHONE2

ロシアのスタートアップベンチャー『Yota Devices』が発売したアンドロイドスマホが面白い。なにが面白いのか? というと、表面がフルカラーの有機ELディスプレイ、裏面がKindlePaperWhiteと同じE-Inkの曲面ディスプレイとなっているのである。そう、スマホの両面がディスプレイになっているのだ。

この背面にあるE-Inkのディスプレイ、メインの有機ELディスプレイの表示をワンタッチの操作で、そのまま切り替えることができ、通常のスマホと同様にタップはもちろんスワイプなんかも可能である。

YOTAPHONE2-1

しかも、今までのカラー液晶と違い、放置状態でもロックをかけず常に画面を表示させておくことができるのである。必要な情報を常に画面に表示させておくことができるというのは、相場なんかを見ている人にとっては便利だろう。

というのも、KindlePaperWhiteやKoboを使用している人はわかると思うが、E-Inkのディスプレイは消費電力が少なくバッテリーの持ちがいい。つまり、この背面ディスプレイを使用していれば、かなりバッテリーを節約できることになる。

日差しが強い場所などでは通常の液晶では画面が見づらくなったりするのだが、E-Inkの画面であればむしろ読みやすくなるので便利。Kindleで本を読んだりする際にも目が疲れないので意外と便利かも。

YOTAPHONE
https://yotaphone.com/gb-en/