ホリエモンおすすめ

『Anker PowerCore+ 20100 USB-C』

スマホのヘビーユーザーにとって必需品ともいえるモバイルバッテリー。私はApple純正のバッテリージャケットを使用しているが、それでも充電ができずモバイルバッテリーに頼りたくなるときがある。
そこで最近持ち歩いているのが、最近Amazonなどで高評価を連発しているメーカー『Anker』のモバイルバッテリー『PowerCore+ 20100 USB-C』。その名の通り、USB-Cに対応しているのが特徴。もちろん、今まで通り通常のUSBポートも2つ備えている。

このUSB-Cを備えているというのが、この製品の大きな特徴だ。
多くのモバイルバッテリーの場合、バッテリーへの充電はマイクロUSBからになると思うが、この製品ではUSB-Cを利用する。その充電時間はiPhoneなら6回くらい満充電できる大容量(20100mAh)を8時間で完了させることが可能だ。
そして、このUSB-C。なんとバッテリーの充電のための受電だけでなく、外部への給電が可能である(その場合は、ボタンを押す)。つまり、USB-Cから充電をするMacBookであれば、モバイルバッテリーから充電できてしまうのである。
もちろん、二口ある通常のUSBも5V/3Aという出力を持っているので、片方がUSB、片方がUSB-CとなっているケーブルからでもMacBookへの充電だけでなく、iPhone/iPadへの高速充電が可能。[USB×2 + USB-C×1]の3つから同時に給電を行うことができるのも特徴だ。
いままでPCへの充電は高い電圧が必要だったため、モバイルバッテリーではなかなか難しい状況があったのだが、PCの充電をUSB-Cにすることで可能となった。もちろん、ACアダプターなどからの充電に比べると電圧が弱いので充電速度は遅いわけだが、緊急時のモバイルバッテリーとして持ち歩くには十分。
ということで、当面はこのモバイルバッテリーで乗り切ろうと思っているので、USB-Cによる充電機器をお持ちのみなさんは試しあれ。