ホリエモンおすすめ

『いちえふ』

自ら福島第一原発事故の現場で働こうと志願して、ハローワークからなんとか現場で働けるようになった作者の渾身のルポ。そこには原発賛成・反対などのイデオロギーは全くなく、ただただ日々の労働がどのようにして行われているのかが、徹底的にそして淡々と描かれている。なんというかこの淡々とした感じがより現実味を帯びていて非常によろしい。メディアが伝える福島第一原発の後始末の現場に、如何にバイアスがかかっていて都市伝説が多いのかがよく分かる。なんであんなに歪曲して伝えるのだろ
うか?それにしても、原発現場における下請け構造がスゴイのはどうにかならないものだろうか。非常に安易だよねぇ……考え方が。こんなに下請けとか絶対にさせたくないな、私が担当者だったら。