WITH

ホリエモンWITH 星野佳路と堀江貴文が竹富島で語った“若者の旅”の未来とは?前編 2/2

DSC_0252

「最近は若者が旅をしないという話があるんです。その理由は旅の値段が高くなったからだと…」

堀江 そのあとは、僕が20歳くらいの時にヒッチハイクをしてて、鹿児島からフェリーで行きましたね。

星野 学生時代にヒッチハイクですか?

堀江 はい。ヒッチハイクで全国を旅してて、それで沖縄の伊是名島に行こうかなって思って。伊是名島って沖縄本当の北部にある離島なんですけど、『パイナップルツアーズ』っていう映画の舞台になった島なんです。照屋林賢さんって知ってます?

星野 知らないです。

堀江 りんけんバンドっていう……。

星野 りんけんバンドは知ってますよ。

堀江 りんけんバンドのリーダーで、お父さんが林助さんっていうんですけど、その淋助さんは沖縄では有名なエンターティナーで、すごくいい演技をしているんですよ。僕、その映画が大好きで、パイナップルツアーズの「聖地巡り」をしたんです。

星野 映画とか小説に出てくる場所が旅の原動力になってるわけですか?

堀江 そうなんです。

星野 最近は、若者が旅をしなくなってるという話があるんですよ。特に日本国内を旅する若者が減っているんです。その理由が、旅の値段が高くなったからじゃないかと……。

堀江 でも、僕はヒッチハイクですから。僕は『ゼロ』という本にヒッチハイクの話を書いたら、「ゼロを読んで、ヒッチハイクをしました」っていう読者の方がいたんですよ。だから、“きっかけ”があるかどうかなんじゃないですかね。昔だったら、沢木耕太郎さんの小説『深夜特急』の影響を受けてバックパッカーが多くなったりしましたけど、そういう作品があるかないかとか……。

星野 でも、業界の人は、よくお金のせいにするんですよ。

堀江 お金がなくたって旅はできますよ。

星野 堀江さんはお金がない時、どういうところに泊まっていたんですか?

 

続きは本日配信のメルマガでご覧いただけます。登録はコチラ

DSC_0250

DSC_0451

DSC_0431

 

Photograph=柚木大介 Text/Edit=村上隆保