WITH

ホリエモンWITH Sumallyで街を創る。山本憲資が描くヒトとモノの未来とは。後編 2/2

ホリエモンWITH 堀江貴文 Sumally 山本憲資

アナログの作業はなんだかんだで残るって面白い。

山本 でもなんか、面白いですよね。こういうことが出来る時代っていうのが。どんどん世界が、物理的な時間的制約と距離的制約が取り払われていって、適切な情報が適切な人に届くっていうのが。

堀江 Airbnbとかもそうだもんね。Uberとかね。

山本 最近Sumallyに登録されていないアイテムも直接出品できるようになったんですよ。ユーザーが売りたいMacBook Airをその場で撮影して出品できるようになったんですが、僕らがSumally側でアイテムを紐づけるっていう作業をしようと思っていて。この作業って出品されたデータを売り場に持っていくっていうことじゃないですか。

堀江 どういうこと?

山本 MacBook Airを売りたいですってデータが来たら、そのデータをMacBook AirをWant登録している1000人に対して紐づけるって作業をこっちでやろうと思っていて。紐づけ、売り場に持って行くっていう作業はいくら技術が進もうと、人の力はいるんだなって。アナログの作業はなんだかんだで残るっていうのは面白いなって思っていて。倉庫から売り場に持って行くってプロセスが。

ホリエモンWITH 堀江貴文 Sumally 山本憲資

堀江 そこは人力が必要だと。

 

続きは本日配信のメルマガでご覧いただけます。登録はコチラ

 

 

山本憲資(Kensuke Yamamoto)
株式会社サマリー 代表取締役 http://sumally.com/
一橋大学商学部卒(ゲーム理論専攻)、大学卒業後、電通に入社。その後コンデナスト・ジャパンに転職し、雑誌「GQ JAPAN」にて編集者に。2009年9月にコンデナストを退社。その後、「Sumally」設立。

 

Photograph Text/Edit/=柚木大介 Transcription=logo-01