WITH

仲介手数料ゼロ お部屋探しサービス Nomad.(ノマド)が変える不動産業界の常識 後編1/2

<PR>

DSC_6473 のコピー

前編はコチラ

古い業界だからこそチャンスは大きい。

堀江 ユーザーさんは増えてますか?

鈴木 増えてますね。ユーザー数の増加とともに契約数をこなしていかなければいけないと思っています。

堀江 数はこなせてるんですか。

鈴木 そうですね、今のところ、ある程度の数はこなせてはいるんですけど、この数ではまだまだダメですね。

堀江 今、何契約ぐらいやってるんですか。

鈴木 月に200契約とかそれぐらいですかね。店舗型の不動産屋と比べるとかなり多い方と思います。

堀江 けっこう多いですよね。

鈴木 まだまだ増やさないといけないですけど。

堀江 長いこと、みんなこういうのはやってこなかったですよね。

鈴木 仲介手数料もらって成り立っていたので、みんな踏み込まなかったんだと思います。アナログですからね。未だにFAXでやりとりしてるぐらいなので。全部FAXですからね(笑)。超アナログですよ。

堀江 今ネット系でやり始めてるところはちらほらありますけどね。

鈴木 はい。

堀江 供給過剰だから家主側が広告出したりしてくれるんだ。

鈴木 そうですね。

堀江 これからますますそうなる。

鈴木 ますますそうですね。

堀江 うーん。大変ですね、住む人ももっともっと減ってきますよね。

鈴木 そうですね、もっと減ってくると思いますね。ただ、今後、仲介手数料とか敷金・礼金などの初期にかかる費用がなくなっていくと思います。そうなることによって今まで引っ越しができなかった人が。

DSC_6478 のコピー

堀江 バンバン引っ越す。

鈴木 はい、もっと簡単に住み替えができるようになると思ってるんですけど。

堀江 まあ、そうでしょうね。引っ越し屋さん儲かりますね。

鈴木 そうですね、引っ越し屋さんが儲かりますよね(笑)。

堀江 ハハハ(笑)。

鈴木 家具とかも所有ではなくなる、そういう物件も増えてくると思うんです。

堀江 サービスアパートメントとか。

鈴木 そうですね。

堀江 Airbnbみたいなのはどう思います?

鈴木 いいですよね、個人がっていう。そういうのがもっと増えていくべきだと思うんですけどね。

堀江 御社にしてみれば、ライバルみたいなものなんじゃないですか。ライバルじゃないのかな?

鈴木 いやあ、少し違いますね、あれはどっちかっていうとホテルに近いですよね。その中間ぐらいになるんじゃないかなと思うんですけど。もっとこう、簡単に引っ越しができる、安く引っ越しができる、初期に払うお金も家賃だけ払って入居できるみたいな。保険料とか絶対入らなきゃいけないものに関しては家賃の中に組み込んじゃえばいいと思うので。初期費用がなくなるという意味では。

堀江 古い業界だからこそ、チャンスが大きいと。

鈴木 そう思ってます。